マシニング加工日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 出戻り3回

<<   作成日時 : 2009/07/02 06:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山崎技研の立フライス盤「YZ8」を使って
加工していた頃は頻繁に注文が出てた。
似たような加工だが穴径違い等で10種類はある。

画像


世の中が不景気になるたびに単価見直し
は親会社の常套手段。
数件に見積もりを取らせる事となる。

このワークは加工手順がなかなか面倒だし、
そう簡単には値下げに応じられない。
しかも安くしているという自負があるので
反骨精神が出て逆に高く見積もりを書く。

するとよそに持っていかれてしまう。
それも仕方ないことと思っているとある日
又注文書が入ってくる。

繰り返すこと、3度、よそに行ってはうち、
又よそに出しては戻ってくる。

鋳物はかなりぼててるし、鋳ぬき穴は中に砂が
こびりついてガチャガチャだし、ボスの長いほうの
穴は肉厚が薄いので芯を拾うのが大変だし、
中心がずれている二箇所の穴ピッチはシビアだし、

画像


結局、うち以外では寸法精度、単価に対応できない
と納得してもらえる。が、それでも敵は値下げを
あきらめない。アハハ

そんな値段じゃ出来ないからよそに持っていけと
言っても、絶対によそには出さない。

相見積もりを取るとやぶへびになるから
恐れて相見積もりも取らなくなった。

嬉しいような、嬉しくないような気持ちだ。

で、10年ほど前、最低1回の注文につき30個は
必ず出すと取り決めてもらった。

それが今は大抵8個ぐらい、少ない時は3個、(>_<)
30個→3個じゃ倍の単価でも合わないよぉ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
出戻り3回 マシニング加工日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる