マシニング加工日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 前立腺検査

<<   作成日時 : 2009/09/13 07:13   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、3週間前にやった「すこやか健康診断」での
結果を聞きにMクリニックへ。

検査表を見ながら先生言いました。

「いいですね、健康、健康、肺のレントゲンも異常なし」

「いやぁ安心しました♪」

「で、前立腺がん検査の件ですがぁ・・」

(ギクッ、いきなり心拍数上がる僕)

「泌尿器科で再検査受けてね」

再検査?手渡された診断結果を見せられました。

「PSA値、1、0」別に問題ないじゃん。

「先生、4以下だから問題ないんじゃありません?」

「PSA値は合格だけど別の数値がね」

下の欄になんとかが20パーセントって記入が。

そのなんとかが一体何の数値なのか聞くのが怖い。

先生の紹介状を持って泌尿器科がある病院へ直行。

30分ほど待たされて診察室へ。
看護婦さん「ではそこに横になってお腹出してね」

ベッドに仰向けになって「まな板の鯉」状態。

ドクターいきなりパンツに手をかけてズルッと下げる。
しかも思い切り下まで。膝までですぞ。

(ちょっ、ちょっとぉ〜、そ、そんなぁ)

下半身丸出しにされた上に両足を抱え込めだと。

皆さん、お願いですからその姿想像しないで、頼むから。

あまりに無防備、無様、人様に見せてはいけない姿。
かみさんが見たら夫の権威は完璧に消滅するわ。

(くっそぅ、看護婦さんの目の前で、しかもいきなり)

「ちょっと気色悪いだろうけど我慢してね」

えっ?えっ?えっ?

手袋嵌めたかと思うと拙者の肛門にズブリと指を。

「あーれぇ〜」と心で叫ぶ僕。

おたおたする僕とは対照的にドクターきわめて事務的

「尿の勢い、見るから来週又来て」

そこで聞きました。
「先生、PSA値が1以下だからガンの心配ないのでは?」

「そう、でもこの数字が悪いでしょ、だから検査が必要」

例の20パーセントという数字のことだ。

そこで私、意を決して聞きました。

「あのう、この数字ってなんすか?」

「ああ、これ?これは問診表の結果の数字」

えっ?じゃぁ、血液検査の数字じゃないの?

確かにMクリニックでは受付で渡された用紙に
○で書き込みました。

夜中にトイレに行く回数とか昼間何度排尿するかとか、
尿が途中で途切れる回数とか、いきまないと出ないか?
とか残尿感があるかないかとかエトセトラ・・

てことは自己申告の結果の数字?
あれは私、かなり適当に○つけたんだけど。

迎えにきたかみさんに来週来いと言われたけど
前立腺ガンの心配ないから行かないと言うと

「ダメ、行って。とにかく徹底的に疑い晴らして」

今度行ったら何されるか判らんぞ。ビクビク(ーー;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
前立腺検査 マシニング加工日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる