マシニング加工日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 割高ですけど。

<<   作成日時 : 2010/07/29 06:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


「二次加工先でおしゃかにしたから
大大緊急で1個作ってください。」

ですと。

ただでさえ納期がガチガチに詰まっていて、
ヒイコラ言っているのにすぐに挟めとは
まことにヤなこと言います。

鉄をやってるとこに鉄を挟むならまだしも
材質はBC鋳物。
1個のためだけにダライ粉掃除(>_<)。


画像

   (鋳物肌の円弧部をワイヤーカット先で1個おしゃかに。)


キリコが飛び散らないようにテーブル回りを
ダンボールで囲ったりしますから段取り時間も
単価に含ませてもらいます。

こういう場合はいくら割高になろうがOKなんです。
おしゃかにした加工先に赤伝行きますから。

なんやかんやで通常単価の3倍強になりました。
これでもワイヤーカット屋さんが気の毒だから
安くしてあげてます。

うちも以前、二次加工賃1個270円のワークを
オシャカにして4500円弁償したことが
ありますから、気持ちは判ります。

そこの加工屋さん、ちょいちょいやるんですよ。
鋳物屋さんは心得たものでいつも1個分余分に
噴いて保管してるらしい。

その余分の1個うちに出してよ。
後から作り直しさせられるくらいなら、
金にならなくても作って保管しとくからさ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こでちゃん様、おはようございます。
ありますよね〜。 次工程での「オシャカ」仕方ないことですね。 お互い様ですし。
それにしても、納期が厳しい場合はそれを考慮して素材を手配してもらいたいですね。 しかも、鋳物屋さんが仕込んでいるなら。

ところで、真鍮や銅や砲金などを加工するときは乾式ですか? 私は水溶性切削油が変色しちゃうので、新聞紙やらダンボールでキリコがタンクに入らないようにして、加工します。 こでちゃん様も同様ですか?
夏を越えたら、切削油の交換をする予定です。
こでちゃん様と同じ切削油を検討しています。
では、また。(*・ω・)*_ _))ペコリン
高野 二郎
2010/07/29 08:45
高野様、おはようございます。
真鍮や銅や砲金(BC6)はドライカットでやります。でも純銅やBC3の場合、穴あけに関しては切削油をかけてます。キリコ処理に神経を使ってますが、やはり切削油は変色してしまいます(>_<)。
ユシロのAPEX−E1はなかなか良いと思いますよ
こでちゃん
2010/07/30 05:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
割高ですけど。 マシニング加工日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる