マシニング加工日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 疲れた、疲れた

<<   作成日時 : 2010/10/08 21:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


30×300×400のスタープレートに穴加工のみ。
単純な仕事のわりに寸法取りで神経使う使う。

4種類4枚加工しましたが、寸法表示が
インチをミリに換算したのか、冶具だからか
小数点以下3桁まで記入してあってしかも
153.023とか78.547とか実に中途半端な寸法。

せめて一般交差の箇所ぐらいは小数点以下
1桁表示でいいんじゃないの?

おまけに寸法出しは原点無視だから座標を
取るのに疲れたのなんの。この穴からこの穴の
寸法を引いてこの穴までの寸法を足して・・
すべて原点から寸法引っ張って欲しいです。

おまけに座繰りが裏面からになっとる。
最近、僕、脳みそが劣化してるんよ。
反転したら頭がこんがらがるのよ(ーー;)

頼むから座繰り穴のほうを表にして書いてよ〜。

寸法がすべて小数点以下3桁だし、
加工するには図面を裏返して見ないと
いけないし、使用ツールは18本必要だし
ほんま疲れたわ、クタクタ(>_<)

時間が掛りすぎるので手計算はやめて
家に帰って無料お試しでダウンロードした
キャメストのCADで書いた。

この穴から平行線引っ張ってこっちの平行線と
の交点をクリックしてピューと引っ張ったら
自動的に原点からの座標書き込まれるじゃん。

なんだ、最初からそうすれば良かったのだ。
なるほど、設計者はCADで書くから、原点無視の
取り方で図面を書くわけか。

今時、電卓片手に手計算で座標出して
プログラム作る自分は時代遅れなんだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こでちゃん様、おはようございます。
はいはいはいはい!!! まったく、その通りですよ〜! 加工する側のことを考えてくれている図面は・・減りましたね〜。
私は今でも、穴あけは関数電卓で計算して図面に書き込む方法で加工しています。
穴位置だけのために・・CADに向かう時間がもったいなく感じますので。
でも、それが不可能になる図面が多いです。
CADで書いて。 拡大して、何枚もプリントアウトなんて・・面倒なことこの上ないです。プリ(*`З´*)プリ

製図する側に・・加工することを考えて、指導する親方が・・もう存在していないのでしょうね。

そういうこと・・一つ一つが日本のものづくりを崩壊への道に進ませていると思うのは・・私だけでしょうか??

朝から・・熱くなっちゃいました。(ωV_vω)ペコ
高野 二郎
2010/10/09 08:34
高野様、おはようございます。
現場が感心するような設計をする人はなかなかいませんね。現場を知らない人が書いてるんですから困ったもんです。僕は年齢的なこともあって取引先の連中は若い頃から知ってますので、遠慮なくぼろくそにけなしますが、相変わらずヘタな図面を書いてきます。
設計者はプライドばかりが高いですわ
こでちゃん
2010/10/10 06:29
こでちゃん様、おはようございます。
もう、ホント・・おっしゃるとおりです。
プライドが高いのは結構。 でもね、読めない図面とか、加工不可能な図面とか。 ちょっと考えてくれれば、作りやすく(コストダウンできます。)できる図面がいくらでもあります。
そして、加工のことに感心さえ持とうとしない。
大企業の研究所でさえ、そうなのですから。
設計さんと、加工する側のお話は・・いつか私のブログでも書きます。(*・ω・)*_ _))ペコリン

では、今週も頑張りましょう〜。
高野 二郎
2010/10/10 06:49
CADで書いて、CAMで座標数値を拾ってフロッピに入れて、それをNCに入れています。なのでCADで正確に書けば後は間違えることがないです。

裏面はCADで裏返しにしています。反転しても頭がこんがらがる事はないです

一番よいのはCADデータをフロッピなどでもらえばCAD入力する手間が省けるし、入力間違いもないのでよいです。 しかし寸法引き出し線の数値のみを設計者が変更している場合がありました。 図形と数値が違っていて。CAMで穴位置を拾った数値と図面の数値が違うのです

どちらが正しいか設計者に聞いたら数値の方が正しいと。 で、図形が信用できないことになり、数値と図形が合っているか全ての穴位置で確認作業が必要になった事があります
ふく
2010/10/10 08:06
高野様、おはようございます。
うちは新規の鋳物加工の場合は、必ずどういう形に噴けばいいのか指示を出します。ここはこうしろ、そこに捨て座を付けろと事前に一々教えてあげないとこっちが後で困りますので。
こでちゃん
2010/10/11 04:36
ふく様、おはようございます。
CADで書くと反転形の座標取りは確かに楽ちんですよね。
仕事仲間で取引先から加工プログラムを支給されている人がいます。送りや回転がすべて指示されているので単価は自動的に計算されてしまうから、困ると言ってます。僕は他人が作ったプログラムで仕事するのは遠慮したいです。
こでちゃん
2010/10/11 04:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
疲れた、疲れた マシニング加工日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる