マシニング加工日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 二郎さ〜ん、うちもやでぇ

<<   作成日時 : 2010/10/18 06:39   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 9

画像


高野二郎様のブログで超硬ラフィングがポキポキ折れるという
記事を読んでどこぞのメーカーかなぁと思ってましたが
数日も経たぬうちに、うちも同じような目に合いました。

使用した10Ф超硬ラフィングは再研磨したものです。
以前Z切り込みは径の3分の1、S,Fともメーカー条件の
8割でやったにもかかわらず、2個目でバキッ!と。

欠けたのは先端部だけなので捨てるにはもったいなく
研磨屋さんに先っちょを切断してもらい今回再使用しました。

被削材はSUS304のホット材、16×70×150
円弧部の荒取りに使いました。

ワークはリピート品で前回まではコーティングした
ハイスラフィングで荒取りしていましたが、今回は数が
多かったので能率UPのため超硬でやろうと。

画像


セットしてVK55と掛け持ちしていたらいきなり異常音発生。
ルルルルーからいきなりグゴゴゴ〜って。
慌てて飛んでいったら目に前で切削部から炎がボォ!

な、なんじゃこりゃ
(ここは松田優作風に発音していただけたらよろしいかと)

水溶性クーラントなのに炎を出すとはこれいかに!
油性だったら大変なことになったかも。

画像


非常停止ボタンを押して先端部を見たら
あたたた〜!ぐちょぐちょに溶けちょりまして
溶着もはなはだしい有様。
超j硬なのに欠けずに溶けるとはどういうこっちゃねん。

研磨屋さんが以前言っておりました。
某有名メーカーの○○型番は中国だか台湾だかで
製造していて材質、コーティング共に質が落ちると。

あながち事実かも知れんなぁ。

同一品の在庫があと1本ありますが、使う気になれん。
ワークの溶着部をタガネできれいに除去して
同じメーカーのVコートハイスラフィングで続けましたが
これは刃持ちは大変よ〜ござんした、♪

このメーカー、ハイスは信頼出来るけど超硬はちと
危なっかしいぞ。

JIMTOFに行ったらこのメーカーのブースに立ち寄り
一言言わせてもらおっと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こでちゃん様、おはようございます。
あぁ・・うわぁ(;´∀`)
危なかったですね。
私も、今日同じようなことを書きました。
ちょっと・・考えなきゃですよね。
やはり、ハイスで加工に戻すしかないですもん。

「値段なりの仕事しろ〜〜〜!」ですね。

では、今週も頑張りましょう。
高野 二郎
2010/10/18 08:51
はじめましてけんと申します。
写真のエンドミルを見る限り溝が浅くて切子のはけが悪そうなんで溝加工には向いて無さそうですね。
かといって側面から削りこんで切子にしてしまうと時間と刃先の無駄なんでやっぱり溝で切り落とした方がエエですよね。
僕なら超硬ラジアスでブィ〜ンと行きますかね〜。
けん
2010/10/18 10:04
高野様、こんばんわ
溝の荒加工は安全性から言えばハイスが一番ですよね。
急がば回れです。オーステナイト系SUS加工においてはうちは基本的には超硬ラフィングはほとんど使用しません。ハイスのラフィングか又はC超硬のねじれ角が45度の強ねじれタイプを使用してます。例えば10Фの場合Z切り込み2ミリ、送り300ぐらいでやりますとかなり長時間刃持ちしますから。
こでちゃん
2010/10/18 22:25
けんさま、コメントありがとうございます。
うちは明けても暮れてもSUS304の加工をしてますので、ある程度のノウハウは蓄積したつもりですが、ラジアスエンドミルは使ったことがありません、SUS304でも高速切削が可能で
刃先管理も楽ならば今後試してみる価値大いにありです。
助言感謝致します。
こでちゃん
2010/10/18 22:30
SUS630を周速300mで削るオッサンが神戸の隣町にいます。そのオッサンもブイーンっとやるのが好きみたいですよ◎50時間が2時間に短縮らしいです。素材はいろいろありますが、超高速切削はまだまだ未知数ですね。僕は再結晶温度に鍵が隠されてるんだと読んでます。
けん
2010/10/19 10:56
こでちゃんさま。
お疲れ様です。ひょっとしてSUS304がちがってたりして(笑
以前ミルシートがないSUS304削ってたらとんでもない事が有りました。。

けんさま。50時間が2時間はよだれが出るくらい興味あるお話ですね???
o_y_d
2010/10/19 18:39
けん様、おはようございます。
630を周速300で削りますか!ふぇ〜、そして加工時間が25分の一に短縮ですか、参ったなぁ、近場の人だったら菓子折り持って絶対に見学に行きます。
こでちゃん
2010/10/20 05:54
o_y_d様、いつもどうも、m(__)m
またしても粗悪な材質のSUSを渡されたかな?
最近はSUS304代替ステンレス鋼として安くて切削性の良いフェライト系が開発されているみたいだから、お客さんに検討してもらうようにお願いしてみようかなぁ。
こでちゃん
2010/10/20 06:05
こでちゃん様、おはようございます。
工エエェェ(´д|゚∀゚)っ|`)ェェエエ工 630を周速300ですかぁ。 ちょっとイメージできませんね。
私も菓子折り持って、見学に行きたいです。

要は・・ラフィングには、ラフィングらしいお仕事をして欲しいですね。 少なくとも、0.5Dは切り込みたいですもん。 径方向も・・です。

いろいろと、情報交換しながら考えて行きたいですね。(*・ω・)*_ _))ペコリン
高野 二郎
2010/10/20 08:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
二郎さ〜ん、うちもやでぇ マシニング加工日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる