慢性膵炎 闘病記

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘酒 飲む点滴

<<   作成日時 : 2017/11/26 09:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

先日、友人夫妻が僕を心配して手作り甘酒を持参してくれました。

飲んでみたというか食べてみたというか、おかゆみたいな感じですが、

口当たりも良く、胃に軽い感覚だったので、我が家でも作ってみようかと。

さっそくかみさんが家電ショップで甘酒製造器を買ってきました。5480円也、

画像


作り方はとても簡単です。

ヨーグルトメーカでの作り方 

用意するもの ヨーグルトメーカー はかり 計量カップ 炊飯器

材料 米麴 100グラム

    米0.5合 

    白米の二合の目盛りの水で炊飯器でおかゆを作る

@ 容器におかゆ(60度にする)を入れる

A ほぐした米麴を少しずつ入れ、全体をよくかき混ぜる。

B キャップを閉めて、容器を本体に入れる

C カバーをかぶせ、発酵温度60度、タイマーを8〜10時間にセットする 

D 甘みが出ていれば出来上がり 冷蔵庫で保管。

熟成時間が長いほど甘く仕上がります。




甘酒の飲む点滴と言われる理由をネットから転載しました。

<ビタミン>
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12

ビタミンB群は糖質、脂質、タンパク質の代謝に関与しています。

<アミノ酸>
必須アミノ酸

(体内で合成できないアミノ酸)を豊富に含む)

<糖質>
ブドウ糖
オリゴ糖

ブドウ糖はデンプン(炭水化物)が分解されたもので、
エネルギーになりやすいと言われています。

オリゴ糖は腸で善玉菌のエサになり、お腹の調子を整えてくれます。
点滴もこのブドウ糖が使われていることから、
甘酒が飲む点滴と言われているのです。

<その他>
パントテン酸
イノシトール
ビオチン
葉酸
食物繊維など

このようにいろんな栄養素が含まれた甘酒。

ほんまかいな?という感じですがね。


#甘酒 #慢性膵炎 








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

甘酒ですか、良いですね!
我が家でも、女房の気の向いた時に出てきます。(笑)

>甘酒が飲む点滴と言われているのです。

一時期、そのように言われて流行りましたよね?
夏場はイマイチかもですが、これからは暖かい甘酒が
とっても美味しく感じることでしょう。
私も、女房にリクエストしてみようかな…。
膵爺
2017/11/26 18:03
とにかく体に良いと聞けば、
すぐに食いつく私です。( ^)o(^ )

でも健康食品ってどこまで効果があるんでしょうねぇ。
信用できるのは高麗人参ぐらいじゃないかなぁ。

でも信じる者は救われると言いますから、しばらく飲み続けますね。


髭爺
2017/11/27 18:02
いつもありがとうございます。
寒い日に甘酒はいいですね。
私も大好きでよく飲んでます。
飲む点滴ですものね。
これから寒くなりますので、すい臓にとっても大変な時期の始まりですが、暖かくして、冬を乗りきりたいですね。
今日は地域の防災訓練行って来ます。こんな時期にしなくてもとは思いますが、当番なので、仕方なく・・・。
ご無理されませんように。
サクランボ☆
2017/12/03 08:22
サクランボさん、こちらこそいつもお世話になってます。

冬は膵臓にとって辛い時期なのですか?

私にとって膵炎最初の冬になりますので覚悟しなければ!

サクランボさんこそご無理なさいませんよう御自愛下さい。
髭爺
2017/12/03 11:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
甘酒 飲む点滴 慢性膵炎 闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる